HOME > 私が作っています

お母さんの味をお届けします
はじめまして
ムッティスクーヘンの店主・本郷はつきです。

私はかつてドイツで、お菓子作りに没頭する毎日を過ごしていました。
小さな町の工房の見習いからスタートして、最後はドイツ菓子のマイスターを取得して帰国するまでの10年間は、まさに修業の日々でした。
そのときに学んだ、ドイツ菓子のおいしさ、魅力を皆さんにお届けしたくて、ムッティスクーヘンをオープンしました。
ドイツ菓子は、お母さんが家族のために手作りするような、素朴でやさしい味が魅力です。
フランス菓子のような派手さはないけれど、素材を重視して味もひかえめ。子供に毎日食べさせても安心なお菓子です。
ぜひ一度、ムッティスクーヘンのお菓子をお試しください。

まず語学を学ぼうとドイツへ


私は、子供のころからお菓子作りがとても好きでした。
小学校5、6年のころには自分で作ったバタークッキーを遠足に持って行ったりもしていました。同級生にも好評だったですよ。

そして中高生の頃には、「本場の西洋菓子を見てみたい」「ヨーロッパに行ってみたい」と思うようになっていました。

その思いはずっと続き、短大を出た私は、まずヨーロッパに行く資金を貯めようと、建設会社に就職しました。食品関係の求人もあったんですが、あえて、まったく別の世界に飛び込んで、3年間を過ごしました。

そして、やっと渡航資金ができ「さて、どこに行こうか」と考えたのですが、当時の私は「ヨーロッパといえば、フランス菓子かウィーン菓子かな」という程度の知識しかなくて。

でもフランス菓子は自分の個性とは違うような気がする。ならばウィーンへ行こうと思ったのですが、お菓子の勉強よりドイツ語を学ぶのが先だと考え直しました。

そして、ドイツ語を学ぶならドイツに行くのが早道だろうと単純に考えて、ドイツ中部の語学学校に入ったんです。

マイスターを目指して経験を積む


最初は2年の計画でドイツに行ったんです。1年目は語学、2年目はアルバイト的に仕事ができればいいなと思っていました。
ところが、現地に行って考えが覆されました。
ドイツのマイスター制度の下では、そんな甘い考えは到底通用しなかったんです。

ドイツでは、まず見習として3年間を過ごし、その後やっとゲゼレ(徒弟=平社員のようなもの)に昇格します。そしてゲゼレとして3~5年間経験を積んだ後、マイスター試験を受け、合格すれば開業が許されるのです。

最近は、この制度も随分とゆるいものになり、2~3年の修業ですぐにマイスターの試験を受ける人もいますが、私がいた当時はまだ厳格にこの制度が存在していました。

そこで、語学学校を修了した私は、まず、見習として働ける場所を探しました。
そしてヘーマーという小さな町の工房で雇ってもらえることになったんです。

この工房にはマイスターが1人、ゲゼレが2人、見習が2人。見習ですから洗物、掃除、計量といった仕事が毎日どっさり。
でも、人数が少なかったので、お菓子作りの基礎を一から十まで経験することができ、とても幸運だったと思います。

ドイツに魅了され10年間を過ごす


そこにいたのは2年半ですが、季節ごとのお菓子や、いろいろな素材を使ったお菓子などを作っているうちに、ドイツ菓子の魅力にはまっていった気がします。

見た目はぱっとしないけれど、質実剛健というか……。
背景にあるドイツという国の魅力とともに、すんなりと自分の中に入ってきました。

その後もドイツやルクセンブルクの菓子店やレストラン7軒でお菓子作りに携わり、98年にはケルンでドイツ菓子マイスターを取得しました。ドイツとドイツ菓子の魅力にはまった私は、結局10年もドイツで過ごしたんです。

修業の日々といっても、もちろん辛いことばかりじゃありませんでした。楽しい思い出もたくさんあります。
オンボロ車でアウトバーンをすっ飛ばしてドイツ中を旅したり、友人もできたし、おいしいお菓子にもたくさん出会った。

そんなドイツでの記憶を思い起こしながら、皆さんに食べていただくお菓子作りに精を出す毎日です。

機会がありましたらぜひ店舗に足を運んでください。一つひとつ丁寧に作ったお菓子をご用意して、皆さんをお待ちしています。

本郷はつき

Hatsuki Hongo

東京都出身
短大卒業後、OLを経て1990年より単身渡独、語学学校でドイツ語を学ぶ
1991年 ドイツ・へーマーの「カフェ・ポーゲル」にて見習い開始
1993年 見習い試験終了後、「ホテルバイリッシャーホフ・ミュンヘン」のパティスリー部門、ケーファー・デコレーション部門、「カフェビットマン」、ルクセンブルクの「オーバーバイス」他、数件のレストラン、お菓子店に勤務
1998年 ドイツ菓子マイスター資格をケルンにて取得
2000年 帰国後、ユーハイム入社
2004年 出産を機に退社
2009年 ドイツ菓子工房「ムッティスクーヘン」を立ち上げ、ネット等を通じての注文販売、各種イベントへの出店を開始
2012年9月 自宅の庭に店舗をオープン
現在一児の母、子育て奮闘中

営業予定

営業時間:10:00〜18:00
休 業 日 :月・火
8月9日〜20日お休みさせて頂きます。


休業日以外にも不定期にお休みすることがありますのでFacebookでご確認の上、ご来店いただければ幸いです。

限定販売のご案内や臨時休業のお知らせなど店舗最新情報はこちら!